― コースデビューしましょう!! ―


ゴルフスクールである程レッスンを重ねたらせっかくなのでコースに出てみましょう!
青空の下、緑の芝の上でボールを打つのは気持ちいいですよ~。
そして、コースで打たないと、上達していきません。
ゴルフスクールではコーチが同行してマナーやルールなどを教えてくれるコースレッスンを行っているところが多いので、まずはコースレッスン参加するのも手です。
是非、コースへデビューして楽しみましょう。



コースデビューってどれくらい上達したらできるの?

そろそろコースデビューしてみたいと思っていても、どれくらいのレベルなったらコースにでて良いものやら自分では分からないですよね。 勿論コースに出るのにレベルは関係あれません。
でも、後続の組にも迷惑をかけてしまうことを気にしたり、全くボールを打てなかったら、楽しめないゴルフになってしまうかもしれません。 そこで、あくまでも参考ですが、下記くらいのレベルを目安にされてはいかがでしょうか。


― コースデビューの目安!! ―

●ドライバー
   練習場で10球打って、6球は前に飛ぶ。
●アイアン
   練習場で10球打って、8球が前に飛ぶ。距離もある程度出る。
●ウェッジ
   ウェッジで20ヤード刻みで打ち分けるなどのコントロールショットの練習をしている。
   バンカーの練習経験がある。
●パター
   パターマット等で、3回連続カップインできるくらい練習している。



大体の目安ですが、このくらいであれば安心してゴルフを楽しめると思います。


実際のゴルフコースは、レッスンの時とは違って、傾斜があるところで打ったり、インドアと景色が違って距離がつかめなかったりするものです。
また、緊張してなかなか普段通りのショットとはいかないかもしれません。
誰でも初めのうちは当たり前!
それを経験して上達していくので、思い切って楽しみましょう!!



コースデビューした人の平均スコア


●良い人で   120~130


●悪い人で   140~150



コースデビューの際の参考になさってみてください。



不安な方はまずはショートコースから

本格的なゴルフコースは18ホールで、18ホールを回るのに大体4時間くらいかかります。 ゴルフのスキルやマナーなどにまだ不安がある方、自信がない方は いきなり18ホールのコースでプレーをするのではなく、まずはショートコースに行かれるのはいかがでしょうか。


ショートコースとは

パー3といった短い距離のホールだったり、コースが9ホールといった短いコースのことです。 飛距離が出ない方でも短く刻んで進むことができ、ゴルフ初心者も気負わず楽しむことができます。




ゴルフ当日の流れは?

ゴルフ場へは余裕をもっていきましょう。
遅くともスタートの1時間前には到着しているのが望ましいでしょう。


フロントでスタートの時間と名前を伝えます。

受付カードにサインをしたらロッカーナンバーなどが記載された利用者カードホルダーが渡されます


ロッカールームで着替えを済ませます。

プレーに不要なものはロッカーに入れておきます。ロッカールームは土足では無いので注意しましょう。


いよいよスタートの前に

スタートまでに時間の余裕があれば、打席練習場やパッティンググリーンがあるので事前に練習することもできます。

スタート前に軽く体を動かしておくと少しは緊張がほぐれるかもしれませんね。


さあスタートです!

プレー開始の10分前にはスタートホールに到着しておきましょう。

開始前に挨拶や順番を決めて、さあスタートです!


ゴルフ場でのマナー

全般的なマナー
基本的に禁煙:コース内だけでなく、クラブハウス内も全面禁煙などといったコースもあるため、喫煙場所は確認しておきましょう。
ゴルフ場での服装:男性・女性ともに襟付きのトップスとパンツルック、シューズが基本となります。また、頭や首にタオルを巻かない様に気をつけましょう。

グリーンでのマナー
ボールを打つ人から離れて待ちましょう。
プレー中、他人のラインを踏まないように気をつけましょう。
ボールマークを直しましょう。
旗はできるだけグリーン外へ置きましょう。

バンカーでのマナー
傾斜の低いところから入りましょう。
砂をならして出ましょう。

クラブハウスでのマナー
帽子やサングラスをかけたまま入らない様にしましょう。
プレーから戻ってきたら、シューズをエアーで洗いましょう。




練習やルールやマナーを事前に学ぶことで、きっとコースデビューは楽しいものになるでしょう。 ゴルフライフをエンジョイできるように頑張って下さい。